トップ 法人向けサービス 企業インタビュー

Interview

中小企業の雄、エムジーホールディングスが目指す”インキュベーションプラットフォームカンパニー”とは

エムジーホールディングス株式会社

  • マネジメント
中小企業の雄、エムジーホールディングスが目指す”インキュベーションプラットフォームカンパニー”とは
Interviewer Profile

エムジーホールディングス株式会社 取締役 兼 株式会社GEクリエイティブ 代表取締役 畠山 丈洋様

1985年 大学卒業後、ソニー株式会社に入社。以降、ミスミグループ本社 執行役員、ニトリホールディングス 執行役員を経て、ファンド投資会社 代表取締役、中小規模企業の取締役等を歴任。経営再建や成長企業創出に従事。
2021年8月 株式会社GEクリエイティブ 代表取締役に就任(現任)。
2022年12月 エムジーホールディングス株式会社 取締役に就任。

エムジーホールディングス株式会社 採用担当 兼 株式会社GEクリエイティブ 経営管理部長 小島 正浩様

1997年大学卒業後、西濃建設株式会社に入社。
以降、医療法人や建設会社にて、一貫して人事、労務、総務のキャリアを歩む。
2020年7月、株式会社GEクリエイティブに入社、12月より管理部長(現:経営管理部長)
2023年3月よりエムジーホールディングス株式会社へ兼務出向、ホールディングスの採用業務を担当。

エムジーホールディングス株式会社 取締役 兼 株式会社GEクリエイティブ 代表取締役
畠山 丈洋様

1985年 大学卒業後、ソニー株式会社に入社。以降、ミスミグループ本社 執行役員、ニトリホールディングス 執行役員を経て、ファンド投資会社 代表取締役、中小規模企業の取締役等を歴任。経営再建や成長企業創出に従事。 2021年8月 株式会社GEクリエイティブ 代表取締役に就任(現任)。 2022年12月 エムジーホールディングス株式会社 取締役に就任。

エムジーホールディングス株式会社 採用担当 兼 株式会社GEクリエイティブ 経営管理部長
小島 正浩様

1997年大学卒業後、西濃建設株式会社に入社。 以降、医療法人や建設会社にて、一貫して人事、労務、総務のキャリアを歩む。 2020年7月、株式会社GEクリエイティブに入社、12月より管理部長(現:経営管理部長) 2023年3月よりエムジーホールディングス株式会社へ兼務出向、ホールディングスの採用業務を担当。

Requests

依頼した内容

  • 40代の事業責任者・経営者人材の採用支援
  • IPOに向けたコーポレートのプロフェッショナル人材の採用支援
Recruited Personnel

採用できた人材

  • 40代のカンパニーCEO
  • 上場会社でのIR業務経験者

”エムジー=Moonshot Growth”。エムジーホールディングスを紐解く

”エムジー=Moonshot Growth”。エムジーホールディングスを紐解く

■ペルソナインタビュアー(以下、ペルソナ):
御社のご紹介、及び概況について教えてください。

■畠山様:
エムジーホールディングス自体は純粋持株会社で、傘下に、4つの事業会社を持っています。祖業である株式会社光南は金属部品加工を生業としています。そこに、完成品を作っている株式会社東邦大信、システム開発の株式会社GEクリエイティブ、2022年には食品資材メーカーである相吉産業株式会社がグループインしました。

エムジーというのは「Moonshot Growth」の意味で、月面着陸に代表されるような非連続で飛躍的な成長を実現したいという想いから掲げています。グループ各社の強みを活かし、相互に連携することでシナジーを生み、新たな価値創造や社会課題の解決を図ることでその想いを実現したいと考えています。

また、現在IPOを目指して準備に入ったところです。

未来をつくるMGHDの戦略

未来をつくるMGHDの戦略

■ペルソナ:
グループの特徴について教えてください。

■畠山様:
私たちが標榜目指しているのは「インキュベーションプラットフォームカンパニー」です。新たな事業を創出することと、経営者人材を輩出していく基盤を提供する企業、という意味を込めています。

10数億円規模の筋肉質な企業を複数有し、かつ、個人でゼロから独立するのではなくしっかりとグループアセットを活かした経営を行えるようなプラットフォームです。
社内外には志やアイデアを持つ方がたくさんいますが、やはり個人でゼロから独立するのには躊躇される方が多いのではないでしょうか。一度失敗すると二度と立ち上がれなくなる可能性を否定しきれないからです。

もちろん社内における起業といえども、サラリーマン的な働き方に比べればリスクは低くありません。それでもゼロからの起業よりははるかにリスクが少なかったり、グループのアセットを活用することで組織づくりが早かったり、経営ノウハウがより早く蓄積されていきます。
成功までのプロセスも共通する部分はあるはずで、プラットフォーム化することで、成功の蓋然性は高まりますし、立上げスピードも速くなります。

これらサイクルが回る環境はかなりユニークなのではないかと思い、現在構築に向けてアクションしています。まずは現在行っている取り組みとしては経営人材輩出のための研修などを開始しています。

ビジョン実現のための"幹部採用"

ビジョン実現のための"幹部採用"

■ペルソナ:
現在求めている人材と、採用まわりの課題についてお聞かせください。

■畠山様:
短期的には、IPO準備で必要とされる経験をお持ちの人材です。中長期的には、社内起業やM&Aを積極的に考えていきたいので、経営者的人材が枯渇しています。
課題にも繋がりますが、将来の経営を担っていく人材については、外部採用ばかりでなく、社内での人材育成もしていきます。

■ペルソナ:
ずばり「グループ経営を任せたい方」とは、どんな人材でしょうか?

■畠山様:
経営幹部を招くにあたって、理想だけ申し上げれば、大手の上位職を経験し、中小企業の経営に携わり失敗も経験している、という方であればとても相性が良いと考えています。しかし、そういった経験されている方はそもそも多くいらっしゃいません。
まずは大手企業に在籍していて「中小企業を経営してみたい」と思っている方が現実的なターゲットになると思います。

また、大手企業での経験を存分に発揮していただきたい、という思いもありますが、その経験が直接的に活かせないケースが多々あります。

大手出身の方が陥りやすい代表的な現象として「利益・キャッシュに対して鈍感」「意思決定ができない」「部下に丸投げ」という3つが挙げられます。長く大企業の機能別組織で仕事をしてきた方は、往々にして金銭感覚が鷹揚になりがちで、減点主義にどっぷり浸っているため自らリスクを取ることを避ける傾向が強く、部下にまかせておけば事業が進むという環境に長くおられたケースが多いためでしょう。
これらは私も中小企業にきて初めて感じたり、自分自身何度かの失敗を経たりして知ることができました。

中小企業の経営経験のみの方はこれら3点をはクリアできる方も多いのですが、一方で、大きな画を描くことが苦手な傾向があります。

やはり中小企業が外部から大手出身のプロ経営人材を求める一番の理由は「我々が見たことがない景色を見たことがある」という点です。より大きく成長するために、どういう世界観にしていくのか、そのときに起きる出来事、必要なものなどを知っている、経験してきている必要があります。
中小企業経営のみの方は「見たことがない景色を形にしていく」という点においては、やはり物足りなくなってしまうことが多く、非常に悩ましいです。

私達も過去ミスマッチも経験してきており、なにかできることはないかと仕組みづくりを始めています。

ミスマッチを経てつくりあげた「幹部採用の仕組み」

ミスマッチを経てつくりあげた「幹部採用の仕組み」

■ペルソナ:
ミスマッチを経た上で、独自の取り組みをはじめていると伺っています。どのような取り組みでしょうか?

■畠山様:
やはり何度も経営や部門長が変わると組織は疲弊しますし、ご本人の経歴にも傷がついてしまいます。

できる限りミスマッチを割けるためにも、経営人材を採用する際には内定フェーズから選考に入っていなかった役員との面談も設けたり、各社へ訪問したりHD役員との定例面談を組んだり、顧問や外部コーチによるコーチングなどを組み合わせた、「エグゼクティブボーディングプログラム」をつくり、可能な限り活躍しやすい環境づくりを心かげています。

この取り組みの中でもポイントになるのが、入社直前後での各グループ会社への訪問や役員面談です。経営幹部は立場的に孤独になりがちなので、各グループの経営メンバーと早期に接点を設けておくことで、困ったときに相談しやすいネットワークをつくることを目的にしています。

まだこのプログラムをはじめてから半年で、経営幹部としての入社は2名のため、効果の程は語りきれませんが、これから入社される方は少しでも安心できるのではないかと考えています。

また、根幹にあるのは「この会社を通じて成長してほしい」という思いです。
さまざまな困難もあると思いますが、積極的にチャレンジしていってもらえるように、これからも体制を整えていきます。

人事の思う「エムジーホールディングス」とは

人事の思う「エムジーホールディングス」とは

■ペルソナ:
小島さんからみた、エムジーホールディングスの特徴は何でしょう?

■小島様:
エムジーホールディングス個別の特徴というわけではありませんが、やはり大手に比べると経営層との距離の近さが挙げられます。また、各社経営幹部のカラーや特性もさまざまなので、もちろんぶつかる場面もありますが、多角的な視点をもって議論しあえるところは強みといえます。

これから本格的にIPOを中期目標として変革していくため、いろんな挑戦をできる機会がありますし、挑戦をするための教育制度への投資が盛んであることは、これから入社される方にとっては非常に希少なタイミングと感じています。

オーナーの森田もかなり権限委譲するタイプで、かつ叩き上げだったこともあり、現場目線も強いので、自立・自律的に活動したい方にとってはやりやすい環境と言えるのではないでしょうか。

■ペルソナ:
弊社ではこれまで、御グループ全体で5人の入社を支援してまいりました。これからペルソナに期待することは何でしょうか?

■小島様:
エムジーホールディングスはこれまで失敗や成功を繰り返してきた過去もあり、また、これからIPOに向けて変革をしていく複雑なフェーズにあります。

ペルソナさんの良いところは、弊社のカルチャーや各社の課題を正しく把握して、事前に候補者様に対して丁寧に説明をしてくださっているので、一次面接の段階で齟齬が無くスムーズに選考を進められている点です。

求人票では表しきれない魅力や、行間のようなものを今まで以上にしっかりと伝えていただけたらと思います。

■ペルソナ:
責任重大ですね。お力になれるように引き続きご支援させていただきます。

本日はありがとうございました。

社名
エムジーホールディングス株式会社
事業内容
グループ全体の経営戦略の策定・推進及び経営管理
従業員数
227名

その他の事例

Other Articles
日本が誇る老舗メーカーの復活。パイオニアが目指す「未来の移動体験」を創り出すコーポレート人材の採用の秘訣とは。
  • コーポレート

パイオニア株式会社

日本が誇る老舗メーカーの復活。パイオニアが目指す「未来の移動体験」を創り出すコーポレート人材の採用の秘訣とは。

新たな価値を創造し、世界の社会課題を解決するために。属性の垣根なく活躍できる住友商事の強みは「人の魅力」と「制度の充実・浸透」(前編)
  • コーポレート
  • DX
  • マネジメント

住友商事株式会社

新たな価値を創造し、世界の社会課題を解決するために。属性の垣根なく活躍できる住友商事の強みは「人の魅力」と「制度の充実・浸透」(前編)

事業承継ファンド運営の核は「資本と経営の調和」。経営者人材に必要な3つの資質とは?
  • マネジメント

日本プライベートエクイティ株式会社

事業承継ファンド運営の核は「資本と経営の調和」。経営者人材に必要な3つの資質とは?

”宇宙とビジネスの架け橋”へ。DigitalBlastが挑戦する未知なる世界とは。
  • デジタル
  • コーポレート

株式会社DigitalBlast

”宇宙とビジネスの架け橋”へ。DigitalBlastが挑戦する未知なる世界とは。

事業推進のためには多様なプロフェッショナルが不可欠。住友商事がキャリア人材の採用を強化する背景とは(後編)
  • コーポレート
  • DX
  • マネジメント

住友商事株式会社

事業推進のためには多様なプロフェッショナルが不可欠。住友商事がキャリア人材の採用を強化する背景とは(後編)

“世界水準”で戦える人材を。 三井物産のミッション「世界中の未来をつくる」を体現できるプロフェショナルを惹きつける ハイレベルなキャリア採用を実現できた理由とは。
  • DX

三井物産株式会社

“世界水準”で戦える人材を。 三井物産のミッション「世界中の未来をつくる」を体現できるプロフェショナルを惹きつける ハイレベルなキャリア採用を実現できた理由とは。

デジタルシフトを最先端でリードするサイバーエージェント。「データ維新局」でDX人材の組織戦略が好調な理由。
  • DX

株式会社サイバーエージェント

デジタルシフトを最先端でリードするサイバーエージェント。「データ維新局」でDX人材の組織戦略が好調な理由。

For Recruiter

採用したい
人材を見つける

応募や推薦を集めにくい求人を積極的に
扱っています。